あなたのツライ寝違えに、、、

ストレスと寝違えの意外な関係

ストレスと寝違えの意外な関係

寝違えと内臓の関係

 

ストレスが原因で寝違えを起こしやすくなってしまうという事は、ご存知でしたか?

 

変な寝方が原因で寝違えを起こすのだという知識が広まりがちですが、実際、寝違えの本当の原因は、変な寝方ではない場合もあるのです。それでは、本来の原因には何が挙げられのでしょうか?

 

その答えは、「内臓」です。内臓の働きによって、同じような態勢で寝ていても、寝違えを起こしやすくなる人と、起こしにくくなる人と、分かれてくるのです。

 

内臓に何らかの疾患があり、働きが悪くなっている方は、寝ている時に、その部分に負担がかかってしまいやすくなっています。

 

そのため、首など他の部分にも影響してしまい、結果的に、圧迫してしまうような態勢で寝てしまいがちという事が考えられます。

 

胃に負担のかかるうような食生活を続けている方というのも、寝違えを起こしやすくなってしまいます。

 

普段から、内臓をいたわるような生活習慣を送っていく事が大切です。

 

ストレスが原因の寝違え

内臓を大切にいたわっていくためにも、ストレスをできるだけ軽減させていく事が必要です。

 

ストレスを抱えている人というのは、抱えている人よりも、内臓疾患を抱えやすく、寝違えを起こしやすくなってしまいます。

 

寝違えを起こさないようにするためにも、ストレスを軽減できるような生活習慣に改めていきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ